ジャイロとは円、らせんを意味し、サークルを思わせる美しいムーブメントが特徴です。ジャイロトニックはスペシャルなマシーンを使って行うエクササイズ。ベンチに座って木製の豆挽きのようなハンドルを回し、背骨をアーチ(反らす)したり、カール(丸める)したり、仰向けに寝て、足に重りのついたストラップをつけて、大きく円を描いたり自転車をこぐように回したり。100通り以上のエクササイズで、ストレッチしながら強化していきます。1980年代にダンサーであったJURIU HORVATH氏が彼自身の怪我のリハビリとして考案したもので関節に負担をかけずに、無理なく全身運動ができます。特に背骨の動きと呼吸に注目し、全身のつながりを意識し、インナーマッスルを鍛え、内蔵、神経まで刺激していきます。より少ない力で効率的にエネルギーを生み出す体を目指します。「細くしなやかで強いボディ」を目指すのに、GYROはぴったり。バランスのとれた美しい体をつくります。

もともとはダンサーのためのヨガとして、1980年代にNYで生まれたジャイロキネシス。

ジャイロとは円、らせんを意味し、円を描くような曲線的で美しいムーブメントが特徴です。創始者のJURIU HORVATH氏はエネルギーの流れや呼吸、精神面に与える影響など長年研究を重ね、ヨガ、太極拳、気功、水泳、バレエなどの動きを取り入れエクササイズを考案しました。

マシーンを使うジャイロトニックと違い、ジャイロキネシスはヨガマットと椅子があればできるのでエクササイズを覚えてしまえば、おうちでも楽しめます。

重力と自分の体重のなかでとにかく動く。ダイナミックに動く楽しさを味わえます。レッスンはまず、眠っていた感覚を起こすためのセルフマッサージから始めます。そのあと椅子でのエクササイズ、フロアでのエクササイズへ。

 椅子を使うことで、体が硬くても骨盤をまっすぐに立てることができ、正しい姿勢で効果的なトレーニングができます。常に曲線的、流動的な動きで、体の一部分の関節などに負担をかけることがありません。特に背骨の動きに注目し、アーチ、カール、スパイラルし、呼吸とともに波打つような動きを繰り返すことで、関節や骨だけでなく、神経、内蔵まで体全体を刺激し活性化します。

身体の芯からエネルギーが湧き起こるのを感じたり、ゆったりとした開放感が得られ、精神面にもプラスに作用することが感じられます。

★インナーマッスルを鍛え基礎代謝を

上げたい。ダイエットのため

★体力をつけたい

★怪我のリハビリのため

ジャイロキネシス・ジャイロトニックはこんな方にオススメです。

★腰痛、肩凝りの改善

★ダンスやサーフィン、歌などの

パフォーマンス向上のため

★自分のカラダを知りたい

★姿勢、スタイルをよくしたい

★ストレス解消