2014年12月アーカイブ

「物語る私たち」

「物語の渦中にいる時はまだ物語の体をなさず、ただの混乱だ。
あとになり、やっと物語と呼べるようになる。
自分に、あるいは誰かに語っている時に」

マーガレット・アトウッドの小説『またの名をグレイス』の引用から始まる冒頭のシーン。

アップリンクの見逃した映画特集2014で「物語る私たち」を観ました。

一年のしめくくりに観られて本当に良かった!
知子の今年のベスト1映画です。

もういない母親を中心とした家族の物語で、
カナダの女優サラ・ポーリーが、監督した、
11歳の時に亡くなった
ダイアンという女優であるお母さんのことを
調べていく映画。
家族や関係者にインタビューしていくドキュメンタリーです。

5人兄弟の一番末っ子のサラだけ
子供の頃赤毛で、お父さんに似ていないと家族から冗談で言われていて、
本当のお父さんを探していきます。

母親のダイアンは元気ではつらつとしたエネルギーたっぷりで
情熱的な女性で、
サラ・ポーリーのお父さんと結婚する前に、
医者と結婚していて、
二人の子供がいたが、
サラポーリーのお父さんマイケル(俳優)と出会い、
家族を捨てて再婚する。

(ダイアンは、浮気により、カナダで初めて離婚裁判で子供の養育権を失った人)

サラがインタビューしていくうちに、
母親が夫以外と恋愛関係にあったと言われ、
サラポーリーは本当のお父さん候補の人に会いにいき、
インタビューする。

そして自分の本当の父親がわかり、真実を知って、
それを育てのお父さん(マイケル)に言うというお話。

サラのお姉さんが、最後に
「ママはずっと愛を求めてた気がしたから
本当にうれしくて
愛を見つけ愛されたのだから」

っていうんだけど、肯定して受け止める、愛する力のある人たちがすごい。
形によって愛が育つことはない。
愛するって苦しい、自分との戦い。

今年は角田家もひいおじいちゃんの画家、中尾義隆展があり、
母はサラポーリーみたいに、家族や関係者にインタビューしたり、
資料を研究して、もういない中尾義隆について、調べていった。

そしたらいろんな物語があって、
うれしい気持ちもかなしい気持ちも一気にいろんなことが
湧いてきた一年だった。
この映画のように一族のとても個人的な物語。

毎日必死に生きていくだけで、どこに行き着くのか、なにも道もないけど、
時間が経って、ふりかえるといつのまにか道が出来ていて、
いままできた道を誰かに伝えようとすると、ストーリーがあらわれる。

私も愛するひとになりたい。


LOVE♡2014

うれしいこともかなしいことも
胸に迫って結局かなしいのはなんででしょう。

それでもやっぱりうれしいこといっぱいの
にぎやかな12月。

今年もいろんなことがありました。
終わり良ければ全て良し?

♡毛皮姫とSさんとクリスマス会。
最高に美味しかったカスレとガトーバスク♡♡♡

写真 1-184.jpg

写真 4-95.jpg

最後の晩餐はこのお店に決めた!

♡リニューアルした庭園美術館へ

写真 4-96.jpg

写真 3-141.jpg

写真 3-140.jpg

♡いちご

写真 3-139.jpg

いちごはへたと反対側の先のとがった方が糖度が高いから、
へたを持って食べるより、へた側から食べると最後まで甘いって言われて、
今回からそう食べた。


♡クリスマスのポストに届いた本。
夏に会った時ともこちゃん元気なかったからこれを読んでとプレゼントしてもらった。
好きな人にもらう本はとてもうれしい。
(私月曜日のユカの加賀まりこだいっすき)

写真 2-180.jpg

♡今日は私もジャイロ(レッスンを受ける方)納めでした。
ゆるんだ脚がぴったりくっついて、骨盤もきゅっとなり、
その幅に脚がおさまり細くなった!
新しく買ったAPCのジェーンバーキンみたいなXSのジーンズが
ぴったり履けた!

写真 1-182.jpg

♡クリスマスのケーキ

写真 5-36.jpg

みんなからの愛情いっぱい。
私も愛情いっぱい。


Happy Merry Cristmas!


クリスマスまで

カウントダウン♡

お料理教室

葵ちゃん(http://hana-to-tsuki.com/)に誘っていただき、
ゆみさんのお料理教室へ♡

前回の模様
http://keyno36.com/blog/2014/06/post-139.html

葵ちゃんのリクエストでこの日は
クリスマスメニューのお料理教室でした。

3種類のソース
冬野菜のテリーヌ
季節野菜のバーニャカウダ
チキンのコンフィ
ホタテのカルパッチョ
薔薇のアップルパイ(ノンバター、ノンエッグ)

写真 2-179.jpg

テリーヌ型にキャベツを敷いて、野菜と鮭をぎっちり詰めていく図。

写真 4-94.jpg

卵もバターも使わないアップルパイ。
(ネイルはCHANELのピンク♡)
リンゴと生地をくるくる巻いて薔薇のかたちにできあがります。

ゆみさんの教えてくれるお料理は、
見た目はこんなにきれいでかわいいのに、とってもヘルシー。

作り方も簡単で、コツとポイントさえおさえれば、
お家でも同じように作れます。

家で作っている最中、わからないことがあれば、ゆみさんに即LINEで。
アフターフォローも万全!

チキンのコンフィなんて家で作ったことなかったけど、
下処理をし、ジップロックに入れ、味付けをし、ジップロックを閉じて、
アルミホイルに包んで茹でるだけで完成!

魔法みたい。

みんながきゃーってなったテリーヌを切った瞬間♡
野菜とサーモンがぎっしり詰まって、オクラは星形♡

写真 1-181.jpg

カルパッチョはリースを模して、春菊の緑のソースを丸くして、
その上にほたてを載せます。
いちいち可愛い〜〜

はらぺこな私達。

写真 2-178.jpg

写真 3-138.jpg

みんなでわいわい、こんな素敵なクリスマスの食卓良いな〜。

おすすめの映画

街がきらめきはじめ、おしゃれしてでかけたくなる季節になりました。
ひきこもりがちな私も、手帳に予定がびっしり。
仕事に遊びに忙しい12月です。

最近映画運良し。

グザヴィエ・ドランの「トムアットザファーム」も良かったし、
この間、誘われて観た「ストックホルムでワルツを」も良かった。

「ストックホルムでワルツを」は、
スウェーデンのジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの
人生を描いた映画です。

シングルマザーで電話交換の仕事をしながら、
夜はジャズクラブで歌う下積みを経て、
ワルツフォーデビーをビルエヴァンスの演奏で歌うという夢を
叶える物語です。

モニカが家庭を顧みず、夢を追いかけることに批判的な父親との関係性、
理想の母親になれない葛藤、うまくいかない恋愛などが描かれています。

音楽家の父の影響でジャズが好きになり歌手を目指しますが、
家族のことを考えない、歌じゃ稼げないと
お父さんから認めてもらえないモニカ。
モニカの大舞台にも来てもらえない。

ビルエヴァンスにテープを送ると、
NYから電話がかかってきて、
ビルエヴァンスと共演することになり、
その模様がラジオで放送され、両親の住む田舎までモニカの歌が届く。

お父さんからモニカに
自分の見られなかった木の上からの眺めを見せてくれてありがとう
と涙の電話で、はじめて認めてもらう。

いままで、(父との確執により)恋愛が全然うまくいかないが、
父親との関係を克服し、
ずっとモニカを支え、見守ってくれていたベーシストの愛に気がつき
結婚。(この彼には婚約者がいたが、別れさせ結婚)

自分の気持ちに正直で好きなことしかやらない人は、
まわりにとても迷惑をかけるし、自分も波瀾万丈になるし、
傷つき人生がめちゃくちゃになる可能性がある...

邦題も予告編も良くないと思う。予告編と映画の印象が全然違う。

60年代のファッションもインテリアもすばらしく可愛かった〜〜♡♡

私もヘアターバンしてAラインのミニのワンピースを着て、
おもちゃみたいなおっきいイヤリングしたーい。

まわりの人に迷惑をかけても、
自分の真実に基づいて生きるしかない。
自分にウソをつかずに生きることが王道だと思う。

でもすごく大変。

http://youtu.be/8tp-nbchmHU
モニカとビル・エヴァンス

秋から冬の

思い出アルバム(食編)

キャバレー.jpg

ルキャバレーでお肉

写真 2-176.jpg

鎌倉山でマロンシャンテリー♡
こしたふわふわのマロンの下に生のぶどうの
組み合わせが新鮮で、合う!
これを最後に甘い物を断つって誓ったのに...

写真-418.jpg

セビーチェ!
お料理のヴィジュアルもお店の雰囲気も良いペルー料理やさん。

写真 4-93.jpg

素敵な女性と丸の内デート♡
シャンパンとお寿司という一番好きな物の組み合わせ!
とっても楽しい夜。

写真-419.jpg

友達と近所で延々おしゃべり。
仕事、恋愛、ファッション、、、尽きない。

美味しいもの、他にも深夜のピザとビールとか。

体重オーバーな理由、立て直さないと。

これ♡

ビール.jpg

ずっと飲めなかったビールが好きになった。

この冬のビール美味しい♡
なかなか売ってないのと、
難点は、サイズが大きくて1人で飲みきれないこと。

外食が続き体重オーバー


ある土曜日

色づく季節
落ち葉は踏む♪

ある土曜日の一日

7時に家を出て鎌倉のハマムでジャイロキネシスのグループレッスンへ
グループレッスンのリクエストは、「腹筋、脚細、ねじり」笑

そのあとすぐに自宅に移動し、ジャイロトニックのパーソナルレッスン。

写真 4-92.jpg

庭の芝生の上にけやきの落ち葉がきらきら。

そのあと裏駅のスタバでつかの間のコーヒータイム。クイック朝ごはん?昼ごはんか。

鎌倉スタバ.jpg

そして横須賀線に乗り新橋で降りダッシュ。
急いで帝国ホテルのレッスンへ。

パーソナルレッスンをみっちりこなし、
最後はトレーナーの方に出張してもらい、
ジャイロトニックのセッションを受ける。

ロブスターテイル.jpg

パテラ.jpg

一週間の終わりにGyrotonicのセッションを受ける時間が
楽しくて貴重な時間。
この日は、Upper bodyシリーズ、パテラ、ヨーニング、
「宇宙にいく腹筋」をやった!

だいたい毎週こんな感じの土曜日。
苦手な早起きもちょっとずつ好きになってきた。


Profile

角田知子 Tomoko Tsunoda
ジャイロトニック認定トレーナー/ジャイロキネシストレーナー
ジャイロトニックと出会い、その動きの美しさ、素晴らしさにはまり、トレーナーの道へ。身体の内側を見つめ、身体の感覚をよみがえらせることの重要性を感じ、素晴らしいGYROのエクササイズを多くの人に伝えたい。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31