中尾義隆の歴史

1911年(明治44年) 愛媛県宇和島市三間町に、200年余り続いた山間の地主の長男として生まれた。
1936年(25歳) 第9回全関西洋画展(大阪朝日会館)に油彩画「炭焼く山」初入選。
1942年(31歳) 第7回国画会展(東京都美術館)に油彩画「青林」を初出品、初入選。
1943年頃(32歳) 自宅の改装を行い、台所でセメントを塗り込む作業を見るうち、生乾きのセメント上に刻すれば、版画になることを思いつき、セメント版画を考案する。セメント版画の作品は、「絵を描く友人」「けしの花」「ざくろ」「休憩時間」「地面師の話」「霧島」「古生物」等。
1946年(35歳) 恩地孝四郎が中心となった版画研究会の作品集『一木集Ⅱ』に、畦地梅太郎を介して、セメント版による「絵を描く友人」を寄せる。
1948年(37歳) 第16回日本版画協会展(東京都美術館)に木版画「車庫」を初出品、初入選。会員に推挙される。
国展出品のため発送した油彩画が手違いにより東京に届かず、先に上京して畦地梅太郎の家で待機していた義隆は、畦地の勧めにより自らも木版画を制作、日本版画協会展に出品し、恩地孝四郎に"感覚的に優れている"と推薦されたのである。
1949年(38歳) 第23回国画会展(東京都美術館)に油彩画「秋の無花果」、セメント版画「けしの花」、「水のむ女」を出品、版画作品で国画奨学賞受賞。
1956年(45歳) 第30回国画会展(東京都美術館)に木版画「蕎麦屋」、「石のベッド」を出品、三十周年記念賞受賞。
1957年(46歳)以降 国際版画協会(IGAS)から試作の送付依頼を受け、審査を通過したため「女」、「裸婦」、「日射」の三作品を各200部制作。
串田孫一、尾崎喜八らが創刊した山の文芸誌「アルプ」に絵と文章で参加する。
1960年(49歳) 日本現代版画―創作版画展(シカゴ美術館)に「易者」を出品。第34回国画会展(東京都美術館)に木版画「実地検証」、「臨検」を出品、会員となる。
1966年(55歳) ガラス絵を始める。
1968年(57歳) 日本ガラス絵協会展(ハクホウ画廊等)に出品。
1994年(83歳) 44歳で移り住んだ東京にて逝去。先祖とともに、高野山に眠る。(戒名 彫琢大隆居士)
1996年    「人間へのまなざしー中尾義隆展」(愛媛県立美術館)開催。

アルプ.jpg

年譜①.jpg

串田孫一氏と。

年譜②.jpg

奥から、串田孫一氏、草野心平氏、中尾義隆、大洞氏、畦地梅太郎氏。

Profile

角田知子 Tomoko Tsunoda
ジャイロトニック認定トレーナー/ジャイロキネシストレーナー
ジャイロトニックと出会い、その動きの美しさ、素晴らしさにはまり、トレーナーの道へ。身体の内側を見つめ、身体の感覚をよみがえらせることの重要性を感じ、素晴らしいGYROのエクササイズを多くの人に伝えたい。

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31